カテゴリ:フェイキック( 7 )

フェイキック

フェイキックの手術をしてからもうすぐ一年。
今日は定期検査です。
散瞳検査をすると思って仕事を休んだら、妊娠中に散瞳薬をするのは7ヶ月になれば平気だとは思うけど…止めておこうという先生のお考えにより、中止。なら、午後から出社出来たなぁ。
視力は右→1.6、左→1.0。
両目裸眼が0.01とかだったのが、こんなに見えるようになったよー!素敵!
今日の検査でも術後から視力低下は無かったし、眼圧の数値も良好で良い感じ♪
レーシックと違って角膜温存ってのも安心です☆
お金はかかったけど、やって良かった!

最近疲れぎみだったので、良い休養が取れました(^O^)
[PR]

by 55august30 | 2013-11-08 18:02 | フェイキック

術後検査

フェイキック手術から2週間経ちました。
経過は良好です☆
その後、先週と今週も術後検査がありました。
2回共、眼圧と視力検査と診察です。
本来なら術後1週間の次は1か月後なのですが、私は年齢的にも若い部類らしく、先生は「若いから眼圧が心配なのよ~」という理由で今週も検査が入ってしまったです。
視力はというと、先週は右は1.5。左が0.7。
左目は乱視が極度にひどかったらしく、完全に修正することが不可能だった模様です。
先生曰く、眼内レンズの向きをちょぴっとまわすと乱視が少し修正され、視力が0.1~0.2があがるかもしれないといわれました。希望があれば再度手術して回転させるよと。
そうなると、レンズを入れる作業が無いだけでほとんど同じ作業の手術をまたすることになってしまうらしい。
でも、メスで切った傷が治るまで最低1カ月は出来ないといわれました。
私としてはコンタクトの時は0.6くらいだったので、コンタクトの時以上に見えているし、乱視も生活に支障がない程度なので、これで満足ですということで返事しました。
右はとてもぴったり入っているみたいです。

左右で視力に差があるので、若干右目が疲れやすいかな~。という感じはありましたが、コンタクトの時も右の方が視力が上だったし、利き目でもあるので、右が頑張っちゃうんだよね。
傷も順調で眼圧も問題ないという検査結果でした。


そして、今週の検査。
手術を執刀して下さった先生が2人いました。
結構時間を割いて私のお目目を診ていらっしゃいました。
「すっごい順調!視力も左が出てきたね。炎症もないし、感染症もないし、傷もとっても綺麗!」と先生も嬉しそうでした。
今回は右が1.2で左が0.8でした。
日によって波があるのかな。
時間とともに目も安定して、視力が出てきたみたいです。

朝起きた時にコンタクトを入れるという作業が無いだけでもこんなに違うの?というくらいに嬉しくなっちゃう。
見えるって素敵ね。
でも、、、裸眼生活になって生活に支障が出てきました。
玉ねぎがとてつもなくしみる。
もー号泣です。
眼鏡しててもしみる。
子供達も「まま~どうしたの?」と心配するくらい。
コンタクトが目の表面をカバーしてくれてたんだね。
こんなにも痛いものとは!びっくりです。他にも手術したことで傷があったから余計だったみたい。
あとは見えすぎることで目が疲れる。
これくらいかな。
手術して1週間くらいは右が見えすぎて脳が慣れなかったからか頭痛がしたり、妙に疲れたりあったけど、今は無くなりました。

うん。快適。やってよかった~!
保険会社から保険料が支払われましたという知らせも来たし、うっれしいな~♪
[PR]

by 55august30 | 2012-12-06 23:59 | フェイキック

手術報告

先週の火曜日にフェイキックの手術が無事終わりました。
視力はまだ安定してないけど、手術翌日の検査では右目が0.01以下→1.2。左目が0.01以下→1.0。
先生の話では傷が治り落ち着いたらもう少し上がると思うとのこと。
今以上に見えるようになるなんて!今で十分なんだけど、感激です!!!
起きた瞬間から遠くが見えるので「コンタクトしたまま寝ちゃったっけ?」って一瞬思っちゃって、不思議な感覚です。今は白目の出血部もだいぶ引いて目の違和感が全くなくなりました。
術後の目の写真を載せようと思ったけど、、、あまりにもグロすぎるのでやめます(笑)


手術はというと、眼科のオペも普通のと同じで驚きました。
もっと簡単なものと軽く考えていたら違いました。

まず、手術着に着替えて、アクセサリーは外して頭はネットを被る。
点滴して、血圧と検温。
目の表面にレンズを入れる時の目印となる傷をつけました。
目薬を沢山しました。
でも、散瞳が最大にならなくて予定より遅いスタートになりました。
何度も何度も瞳孔開く目薬をして、抗菌剤に抗生剤に麻酔に目薬ばっか。
やっと先生のOKが出たのが予定より30分後。
私の後に手術予定だった白内障手術のおじいちゃんが先に手術することになってました(^^;

手術室に入ると先生2人と沢山のスタッフがいて、歯医者みたいな椅子が真ん中にありました。
そこに座り椅子の背もたれが倒れ横になりました。
目を閉じた状態でアイホールを消毒液で拭き、目を開けて眼球を押されながらヨードを急須みたいのでジャーとかけられた。凄いしみた。かけられながら上下左右を見るよう指示があり、もー、必死です。しみることを言うと麻酔が足りないと麻酔の点眼をされ、ようやくしみないようになり、準備完了。
最後にヘッドホンを付けられ、そこからクラシックが流れてきました。
そんな優雅な気分でもないんだけど、、、、そして先生の会話が十分に聞こえるんだけど。。。

消毒が終わると目だけが出るような緑のシートを全身すっぽりかぶり、さらに粘着シールみたいので穴から見える眼球が動かないようにと緑のシートと張り付け、目の部分のシールを切り取り金属で固定。
ここで、先生から「ではこれから始めますね。正面の光を見ていて下さい」と一言。
いよいよ開始!!!
メスが黒目の近くの白目3ヶ所に入りました。後から聞くと、1mmが2ヶ所と3mmが1ヶ所らしい。

事前に「切ったところから折り畳んだレンズ入れて、広げて終わり」と流れを聞いていたけど、こんなあっさりしたものではなかったです。もっともっと大変でした。

右目は右側から、左目は左側からレンズを入れました。
レンズを入れるときに凄い押される感じがありました。狭い隙間に強引に入れる感じ!?眼球も動くから右目のときは右を見て!と指示がありました。
その後はピンセットみたいのが視界に入るけど、何をしているかは分からず。でも、レンズを広げて固定していたみたい。
先生が常に「順調ですよ~。もうちょっとだから頑張って!気分は悪くない?」と話しかけてくれてとても気持ちを楽にさせてくれました。右目のときは先生が「右目!出血!!!吸引して!」というのが聞こえて少しびっくりしました。「大丈夫!?!?」って不安だった。
結局どれくらいの時間がかかったのか分からないけど、特に目にガーゼとか付けること無く手術室から出ました。
開けにくかったけど、少し目を開けると視界が血で赤かった。
先生から目を開けないで閉じてて!と言われたので閉じていました。左目は30分後に開始。。。の予定が、私の気分が悪くなってしまい、またまた白内障の患者さんが先に。
右目から1時間くらいしてから左目の手術をしに手術室へ。
右目と同じ要領で手術が始まりましたが、右目より時間かからずに終わった気がしました。

待合室で休んでいると眼圧を下げる点滴をし、時々目薬をし、ひたすら目は閉じる。
右目をうっすら開けるとすごく曇ってる。でもなんとなく見えてる?という実感はありました。
左目は右目に比べて目が開けやすく、こっちの方が「見えてるー!!!」って感じでした。
右目は術前の点眼の影響で眼球表面が傷ついてしまっているためらしく、時間とともに治ってくると。
確かに、手術した日の夕方にはすっきりした視界になってました。

術後は病院で2時間くらい休んで、先生の診察があり、帰宅許可が出たので、そのまま保育園へお迎えに。
すっかり夕方になっていました。
散瞳しているので、光がぼやけていたけど、歩くのは支障がない程度の視界。
少なくてもコンタクトをしていた時くらいの視力はあったと思います。

病院では目薬と飲み薬を処方されました。
術後は翌日と3日後(祝日だったので、翌々日だった)と1週間後と1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後、2年後・・・と検査があります。
今のところ、菌感染や眼圧があがったりという症状は出ていません。

検査や術前準備が色々あって面倒だし、出費も大きいけど、それだけの価値ある手術だったと思います。
手術や検査をして下さった先生や看護師さん、沢山のスタッフの方々がとても親切でとても温かくて感謝の気持ちで一杯です。
私のように近視と乱視が極度にひどくて角膜が薄いという人にはオススメの視力矯正手術ですよ!
痛みもほとんどないし、手術から約1週間経ちますが、快適です☆
[PR]

by 55august30 | 2012-11-25 22:25 | フェイキック

これから手術

これから視力矯正手術を受けてきます!

片目15分ずつくらいで終わるみたい。
角膜を3mmメスで切り、そこから折り畳んだレンズを挿入→中で広げて終了。
メスで切った部分は縫合せず、自然治癒力にお任せ。
右目が10時から。
少し休憩を挟んで11時から左目。
その後も数時間院内で休んで帰宅です。
光のにじみとかは3〜6ヶ月でなくなるみたいだけど、レンズを入れた瞬間から見えるようになるそうなので、どれくらい見えるようになるか楽しみ。
手術に関して何故だか全く不安はないけど、術前処理の時みたいに気持ち悪くならないかだけ心配。それより見えるようになる楽しみな気持ちの方が大きいです。

術後は2週間保護用ゴーグルをして寝なきゃいけなかったり、入浴やメイクとか規制があったりするけど、頑張るぞ!

小5からメガネにお世話になり、中1からコンタクト生活。見えるってどんな感じだったっけ。
数時間後にはこの見えない世界から解放されるんだ!
凄い技術だよね。
何だか名残惜しくも感じてしまうけど、手術するぞ。

では、行ってきます!
[PR]

by 55august30 | 2012-11-20 09:09 | フェイキック

術前処置

手術の二週間前の昨日、術前処置で茶目の部分(虹彩)に二ヶ所ずつレーザーで小さな穴を開けました。
これはレンズ挿入後の眼圧上昇を防ぐためだそうです。自力で見つけようとしても無理な位小さな穴らしい。

瞳孔小さくしているので、少し見にいですが、瞳孔広げた時より近くが見えます。
でも、光が入らないので、雨の昨日はとても暗く見えました。


眼科ではまず眼圧を計り、看護師さんによる説明と検査のための採血がありました。
抗生剤、眼圧下げるもの、瞳孔を小さくするもの、麻酔etc色んな目薬をさされ、レーザー照射しました。茶目にしか影響無い波長のレーザー光なので、角膜は無傷です。


先生がコンタクトレンズみたいなのを持ち、眼球を固定。頭が動かないように機械と私を固定。
施術中、何度も気持ち悪くなり中断してしまいました。血圧が下がりすぎて脈が弱くなったらしい。血圧が下がると吐き気がするもんなの?初めての体験で驚いた。意識はしっかりしてるのに、とにかく吐き気がすごくて。
私、昔から頭に衝撃があると吐くという傾向があり、今回もそんな感じだったかも。眼球を押さえたことと、レーザーのショックの影響かな。
足を高くして横になり、先生が大きな声で看護師さんを呼んだり、私に呼び掛けてくれたり、一時緊迫した感じになってしまいました。
情けない。申し訳なさでいっぱいです。稀に起こる人もいるらしいけど、、まぁ、珍しいって事よね。
照射して休み、照射して休みを繰り返し、何とか茶目二ヶ所ずつ穴が開けられました。
こんな吐き気が起こるなんて思いもしなかったよー。
手術は大丈夫かしら。二週間後。体調万全にして臨みます!


手術当日は角膜を数ミリメスで切り、そこからレンズを挿入して全て完了。
角膜は自然にくっつくのを待つらしく、縫合はしません。
片目15分ずつくらいで終わるみたい。両目同じ日にできるので、長かったコンタクト生活も残り二週間です。

今日、朝イチで昨日開けた穴の状態を確認して、次が手術当日。迫って来ました!ドキドキです。
[PR]

by 55august30 | 2012-11-07 06:19 | フェイキック

フェイキック(術前検査)

金曜日にフェイキックの術前検査をしてきました。
今回は目に挿入するレンズの度数とサイズを決定するための精密な検査と診察がありました。
そのため、2週間前からコンタクトの使用が禁止。
ずっとメガネで生活していました。

瞳孔を大きく広げる目薬をして、目のピント合わせを取り除いた状態で屈折検査を行いました。
一つ一つの検査の意味は良く分からずに検査を受けていましたが、沢山の機械で色々検査をしました。
検査以外にも具体的な手術への流れや看護師さんとの面談、医師による診察と盛り沢山でした。
当初、3時間くらいといわれていたのに、待ち時間もあったので、4時間半かかりました。

途中の待ち時間があるときは瞳孔を広げたあとにあったので、本を読もうとしても見えない。携帯いじろうとしても見えない。という状態(^^;目から離すと字が小さいから今度は遠いために見えないという感じ。
時計やテレビは見えるんだけど、なんせ不便でした。
この日は検査代とレンズ代のお支払をしたのですが、カードで払おうとしても暗証番号を押してくださいと受付で言われたものの、テンキーの数字が見えないよー!
「あの~、、、、数字が見えません(^^;)」と言ったら、『あ!っそうですよね。ここが1で~・・・』と教えてくれました。老眼って不便ね。

今回は前回の適応検査でも同じように瞳孔を広げたけれど、前回よりきつくしてあるので、もとの状態に戻るのに数日かかりました。近くの焦点が合わないので、老眼のように近くが見えず、遠くが見えるという感じな見え方。
昨日もまだ見にくかったです。洗濯物を干すだけでも朝なのに眩しくてサングラスしながら干してたくらい(笑)

とりあえず全ての検査は終わりました。
次は手術の2週間前に虹彩に小さな穴を開ける処置があります。
片目2か所ずつ。茶目の部分(上まぶたに隠れる部分)です。
これは一生開きっぱなしの穴で、レンズが挿入された時に房水の流路が妨げられるために眼圧が上昇したり、細胞障害の危険性があるからみたいです。
穴はレーザーで開けられ、茶目にしか反応しない波長のレーザーを照射するので、角膜は透過するため無傷みたいです。良くできてるわ。

実際の手術当日(レンズ挿入日)は片目15分くらいの手術時間。
角膜を3ミリほど切開して(局所麻酔)、虹彩と水晶体の間にレンズを置き、広げて終了。
角膜の傷は縫合せず自然にくっつくらしい。

具体的に話を聞くと実にすごい手術で、現代医学の凄さを感じます。
そして、日帰りで出来てしまうため、とっても楽です。

次回の処置や手術前後に眼科へ行く機会が増え、遅刻欠勤気味ですが、勤務先の理解もありがたく、とて協力的に温かい言葉を頂きました。結構興味ある方も多く、結果より経過を知りたい!とおっしゃっていました。

段々近づいてきたぞー!楽しみと不安といろんな気持ちが交錯しています。
[PR]

by 55august30 | 2012-09-23 22:39 | フェイキック

視力矯正手術:フェイキック(準備編)

長年に渡り検討し続け、半年以上も前から準備を進めていた視力矯正手術。
11月20日に手術を受けます。
今回私がするのはフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ手術)いう方法。
最近受ける人が増えているレーザーでの視力矯正手術:レーシックとは違います。

私もレーシックを受けたかったけど、適正検査をしたら予想通り難しいという結果。
●角膜は薄い
●強度の乱視
●強度の近視(裸眼で0.01)

先生の話ではレーシックをするには角膜が500um以上は必要らしいが私は508umというギリの厚さ。
近視が酷いほど角膜を沢山削るので、この数字からは無理ではないけど、長い目で見たときにレーシックして角膜が眼圧に絶えられなくなる可能性もあるとのこと。
それに乱視も酷いのでレーシックでは対応しきれない部分もあるらしい。
そんなこんなでフェイキックという方法が登場したのです。

半年に一回のコンタクトの定期健診の時にも検査技師さんに相談したことがあって、そのときもフェイキックというものを聞かされていたの。
兄が角膜薄めだったらしく、角膜の厚さは遺伝性があるから、私も薄いんだとうと予想していたので、レーシックは無理だろうな。とは思っていたけど、やっぱり無理だった。
本当に薄いのね(^^;

フェイキックは何かというと、オーダーメイドのレンズを角膜と水晶体の間に挿入することで光の屈折を変え、近視を矯正する手術。
水晶体を残したままレンズを挿入するため、調節能力(ピントを合わせる力)が温存さるそうです。
レンズの度数で矯正を調整することで、レーシックなどでは矯正できなかった強度の近視を矯正することが可能みたい。
これは強度の乱視・近視の人でも適応するし、私のような角膜が薄い人にとっては嬉しい視力矯正手術。

でも、一番のネックはレーシックの3倍近く値段が高いこと。
7月にレーシックの適応検査をしたら、先生からは予想通りの結果を通知され、フェイキックに関しては値段が安くなってからでないと、、、と話したら、
兄がこの眼科でレーシックを受けたこと等々があり、高額ながらも少々値引きしてくれました。

という訳で、手が出ないと思ったフェイキックが実現されることになり、2週間後にレンズ製造のための検査を控えているので、昨日からメガネ生活です。

お風呂も化粧する時も不便極まりないです~。
2週間の辛抱!
頑張ります。

今後のスケジュールとしては、
検査(レンズ製造用)
   ↓
手術の2週間前までにレーザー虹彩切開術
(眼の中にレンズが入ると房水の流れる経路が妨げられ、眼圧が上昇したり(緑内障の危険性)、角膜内皮細胞障害などの危険性が考えられるため、この穴をあけることで眼内レンズを挿入した後も房水が流れる経路が確保され、眼圧上昇(緑内障)や角膜障害の危険を回避できる)
   ↓
手術当日

前処理の翌日や手術の翌日、翌々日、一週間後、一ヶ月後に検査があったり、化粧は術後3日目までNGとか、飲酒の1週間NGとか面倒ですが、、、
でも、裸眼で1.5くらい見えるようになって乱視も治るって素敵~☆
b0139579_1631341.jpg

[PR]

by 55august30 | 2012-09-08 16:38 | フェイキック